滑液包炎・ベーカーのう腫・ガングリオン

症状:関節付近に炎症を引き起こし、そこに液体が溜まり皮膚を押し上げて膨隆してきます。

多く見られるのは外反母趾などで見られる足の指の付け根に発症する滑液包炎です。 

外反母趾以外には、肘後方の肘頭膝蓋骨の前面、くるぶし付近などもあります。

肩関節の滑液包は石灰沈着を起こし、石灰化滑液包炎(せっかいかかつえきほうえん)とよばれとても激しい痛みで方を上げるのが困難になるほどです。
ベーカーのう腫は変形性関節症や関節リウマチに併発することがあります。
ベーカーのう腫は膝関節の後方、膝窩部(しっかぶ)のことろが大きく膨隆することをいいます。

ガングリオンは手関節や背側に多く発生します。

対策は小さければ湿布などで様子を見守る。
大きくなっている場合は内容物を取り除いたり、時には摘出術などが必要になってきます。





電話受付イラスト2.png電話受付1.png