手根管症候群

症状:親指から中指にかけてのしびれや痛み

手首の内側には指を動かしたり痛みや触る感じを伝える神経が2つあります。

1つの神経は手首の真ん中を通る正中神経、もう1つは小指側にある尺骨神経です。
その他にも数多くの腱が神経と平行に通っています。これらの神経や腱がバラバラにならないよう束ねているものを靭帯といいます。
この靭帯の名前を横手根靭帯といいますが、手根管症候群にはこの横手根靭帯と正中神経が関係しているのです。

手根管症候群は正中神経が何らかの原因で横手根靭帯で締め付けられ、手のしびれや痛みを発症しているのです。

このような神経麻痺は狭窄性神経炎と呼ぶこともありますが、原因不明の事が多いです。
症状が軽いうちは安静にしたりしますが、ひどい場合は手術によって圧迫を解放するようにしています。





電話受付イラスト2.png電話受付1.png