事務仕事による関節痛

事務仕事をしていても、関節痛になることはよくあります。それは、長時間同じ姿勢で座り続けているからです。

関節痛になったら、湿布を貼ったり安静にすると有効ですが、それでも痛みが取れない場合は、病院へ行く必要があります。

接骨院に行く人もいるでしょうが、接骨院の場合は、レントゲン撮影できないところが大半なので、できれば、整形外科へ行くことです。レントゲンを撮れば、骨の変形のあるなしを確認できるので、適切な治療ができるからです。

骨の変形がない場合でも、自分の関節の状態を知ることができ、今後の関節痛の悪化予防にもつながります。

病院によっては定期的にレントゲンを撮り、関節の変化や状態をチェックしてくれる所もあるので、気軽に病院を訪れるといいかもしれません。

そして、関節痛は骨の老化が原因でなることもよくあります。

病院に行けば、骨密度を測って骨粗しょう症の検査もしてくれるので、自分の骨の状態を把握することができます。

検査は簡単で、手首から肘の部分をX線撮影するだけで、2〜3分でできます。

事務仕事では、関節痛予防のため、1〜2時間おきにデスクから席を立って、軽く体を動かして、気分転換をすると良いでしょう。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ