事務仕事による首こり

事務仕事をしている人の中には、肩から首にかけてのコリを訴える人が少なくありません。

それは、仕事の性質上、どうしても首を曲げるような姿勢を強いられるからです。

事務仕事をしている人の中には、肩から首にかけてのコリを訴える人が少なくありません。

それは、仕事の性質上、どうしても首を曲げるような姿勢を強いられるからです。

そして首こりが酷くなると、頭痛や吐き気、めまい感が伴います。

そのまま放置すると、首の周辺の筋肉が硬化します。

首のコリの解消方法で大切なのは、一定の姿勢を続けないことです。

パソコンなどの事務仕事では、どうしても一定の姿勢になりがちなので、この場合、5分ごとに少し姿勢を変えることが大事です。

1時間パソコンを使った場合は、席をたったり伸びをしたりするなど、数分間、休憩をはさむことが肝心で、こうした少しの時間が、自分の体を守ることにつながるのです。

また、一般的に、首のコリに悩まされる人は、事務仕事で運動をしていない人が多いので、週に1度は、休日にスポーツを楽しむなどで、心身をリフレッシュすることです。

そして、筋肉のコリは、血行をよくすることで軽減させることができるので、仕事が終わった後は、シャワーですませるのではなく、湯船にゆっくりつかって、全身の血行をよくするように努めましょう。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ