事務仕事による足の長さの違い

事務仕事で、足を組んだり、姿勢が悪かったり、変な癖があると、足の長さに違いが出てきます。

もちろん、基本的にまったく同じ足の長さの人は少なく、普通少しは足の長さは違うことから、少しくらいなら、気にする必要はありません。

事務仕事で、足を組んだり、姿勢が悪かったり、変な癖があると、足の長さに違いが出てきます。

もちろん、基本的にまったく同じ足の長さの人は少なく、普通少しは足の長さは違うことから、少しくらいなら、気にする必要はありません。

程度に個人差はあるものの、ほとんどの人に左右差があり、常に左右対称な人の方が珍しいくらいなんです。

また、真っ直ぐに姿勢を正していても、左右どちらかに重心が偏るクセは、多くの人が持っています。

特にいつも同じ側に荷物を持ったり、いつも同じ側ばかりで足を組んだりするクセは気をつけなければなりません。

整体などで体の歪みを直してもらうと左右差も改善されるんですが、結局、日常生活のクセ自体を改善しないと、同じことの繰り返しになります。

そして、その歪みが強くなると、足の長さが激しくなり、肩こりや腰痛、片頭痛、便秘などの体調不良を引き起こすことになります。

こうした不調にならないように、事務仕事では、足を組んだり、肘をついたり、あるいは骨盤をねじった姿勢にならないよう、注意して、仕事に集中することです。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ