くも膜下出血〜症状と原因

人が突然死亡に至るといった場合の原因となる病気の一つとして【くも膜下出血】の症状と原因についてご紹介したいと思います。

一般的に脳卒中と呼ばれる疾患は高齢者がかかりやすいと思われていますが、この【くも膜下出血】は40代から50代の人に多い病気として知られていて、しかも再発の可能性が高いことが大きな問題となっています。


【くも膜下出血】の症状としては、「頭痛」「嘔吐」という文字にすれば一般的にも普通に聞く症状ではありますが、その度合いが酷く、頭を鈍器がなぐられたような頭痛というような表現がなされます。

後遺障害という意味では、血腫がない場合にはそれほどひどい後遺障害が発生するとはいえないのですが、血腫があるという場合には半身麻痺や失語といった後遺症が発生することが知られています。


【くも膜下出血】の原因としては生活習慣の乱れ(喫煙・飲酒・ストレス・睡眠障害等)による脳動脈瘤の発生と破裂というものがほとんどではあるのですが、他にも、頭に衝撃を与える「頭部外傷」や「脳腫瘍」といったものも【くも膜下出血】の原因になるといわれています。



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ