ノイローゼ〜症状と原因

一般的な精神疾患として比較的よくしられているものに『ノイローゼ』があります。

一般的な精神疾患として比較的よくしられているものに『ノイローゼ』があります。


そこで、この『ノイローゼ』の症状と原因についてご紹介したいと思います。


『ノイローゼ』はうつ病や統合失調症のような重度の精神疾患を含まず、程度の軽いパニック障害や強迫性障害などのかつては神経症と呼ばれていた疾患をさします。


あまりにも広い範囲の精神の状態の変化をさした神経症とよんでいたため、あいまいで、使用法としても適切でないといわれるようになったため神経症と同様に『ノイローゼ』という言葉も使われなくなってきました。


症状としては、広く軽い精神疾患が現われることを指すのですが、広く知られているものに「不潔強迫」「確認行為」「加害恐怖」「被害恐怖」といったものがあります。


『ノイローゼ』の原因としては、神経伝達物質(セロトニン)等のバランスの異常による脳の機能障害が一般的によく知られていて、それに精神的なものが影響することで発症すると考えられています。

なお、最近では遺伝的な要因もあるのではないかと研究が行われています。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ