アレルギー性湿疹〜症状と原因

わたしたちの皮膚は表皮、真皮、皮下組織からなっています。表皮は紫外線やほこりや細菌などから直接保護しています。

わたしたちの皮膚は表皮、真皮、皮下組織からなっています。

表皮は紫外線やほこりや細菌などから直接保護しています。この表皮がバリアの役目を果たしています。

しかし外部からの刺激を防ぎきれずに起こるのが湿疹です。

 

この刺激に負けてしまうと炎症を起こして血管が腫れかゆみのもとであるシスミンを出し炎症を起こします。

ひどくなるとかゆみも増し水泡やかき壊し硬いしこり状態になります。

 

アレルギーには蕁麻疹・接触皮膚炎・アトピー性皮膚炎などがありますがアレルゲンの数だけアレルギー症状があり症状も様々です。

アレルギー反応を起こす主な原因として卵や乳製品、大豆や小麦などの食べ物によるアレルギー、ダニやカビ、ハウスダストなどのアトピーによるアレルギー、洗剤やシャンプーやカーペットなどアレルゲンとなる場合があります。

 

また虫に刺されたことにより唾液がアレルゲンとなってアレルギーを引き起こします。

アレルギー性湿疹の皮膚による症状だけでなくかゆみによってイライラしたり眠れなくなったり精神的なストレス症状を起こすこともあるのでひどくならない内に医者の治療を受けることが大切です。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ