インポテンス〜症状と原因

インポテンスとは、別名「ED」や「勃起障害」とも呼ばれ、日本性機能学会では、性交時に勃起が起こらず満足に性交することができず、通常の性交チャンスがあっても75%以上で性交がおこなえないものとされています。

インポテンスとは、別名「ED」や「勃起障害」とも呼ばれ、日本性機能学会では、性交時に勃起が起こらず満足に性交することができず、通常の性交チャンスがあっても75%以上で性交がおこなえないものとされています。

 

インポテンスの原因には、機能的障害と器質的障害の2つに分かれます。

機能的障害では、身体には異常が見つからず、心因性インポテンスとも呼ばれ、インポテンスの原因の大部分がこの機能的障害によるものです。

最近では比較的若い人たちに見られます。

器質的障害では、身体のほうに障害があることで陰茎自体や、神経、血管の障害、内分泌系の病気などが関係していることがあります。

中には、器質的障害と機能的障害を合併している混合型障害と呼ばれるものあり、主に加齢や糖尿病によって引き起こされることがあります。

 

インポテンス治療には、機能的障害なのか器質的障害なのかを見分ける必要がありますが、大体は問診によって判別できるようです。

機能的障害に関しては、カウンセリングや指導が行われ、夫婦あるいは個々に時間をかけて改善をはかっていきます。

器質的障害に関しては、原因別に治療を行います。

しかし、機能的障害に比べると治療は困難なケースになることがあります。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ