つわり〜症状と原因

妊娠時に起こるつわりとは、吐き気や嘔吐がおこり妊娠時の女性に起こる症状です。

妊娠時に起こるつわりとは、吐き気や嘔吐がおこり妊娠時の女性に起こる症状です。

はっきりとした原因はいまだわかっていませんが、お腹の中にいる胎児が異物と判断したものを排除する働きに関係するという説や、精神的要因によるものからくるという説もあります。

妊娠後4週〜16週頃まで続く方が多いようですが、人によっては症状の重さには個人差があります。

多くの場合は、安定期に入るとつわりの症状は和らぐようです。

 

つわりは、精神的に要素が大きく関係しているようで、ストレスを発散させたり、友人と映画や食事をしたり、リラックスしたりすることで、症状が緩和されていくケースが多いようです。

精神的な不安を取り除くことで、つわりの症状も気にならなくなるということが多いようなので、つわりの症状が重い方は気分転換をすることが有効といえるでしょう。

家に閉じこもらずに、外に出て散歩に出かけたりすることも大切です。

 

また、規則正しい生活を心がけ、あまり胃に負担がかかるような食事を避けたり、さっぱりしたものを食べるようにすることもいいでしょう。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ