にきび〜症状と原因

にきびは思春期などから出来ることが多く毛穴の汚れや代謝による老廃物が詰まって皮脂腺が化膿して炎症をおこし赤く腫れ上がったものです。

にきびは思春期などから出来ることが多く毛穴の汚れや代謝による老廃物が詰まって皮脂腺が化膿して炎症をおこし赤く腫れ上がったものです。

ホルモンのバランスやストレスまた化粧品が合わない場合も出来ることがあるようです。

にきびのできる場所も様々で顔の他にも背中や胸、首やおしりなどにもできます。

 

にきびは皮脂の分泌とホルモンバランスは密接な関係があり皮脂の過剰分泌は男性ホルモンが関係します。

よって男性ホルモンの分泌量が増えると皮脂の分泌量も増えることになります。

この皮脂の分泌量は思春期がピークとされています。これが思春期のにきびが多い理由のようですね。

 

またにきびの原因としてアクネ菌があげられます。

アクネ菌はわたしたちの皮膚に最も多く存在する菌です。

アクネ菌は皮脂を栄養とし増殖します。まずは洗顔を行い無駄な皮脂を抑えることが大切ですね。

 

にきびの原因には皮脂の分泌量が大きく関わります。

そして皮脂の分泌量はホルモンバランスが関係します。

規則正しい食生活とストレスを抱え込まない生活を心がけることが最も重要なことです。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ