ヒステリー〜症状と原因

精神疾患の一つとして現在、転換症状や解離症状と呼ばれている『ヒステリー』の症状と原因について記載したいと思います。

精神疾患の一つとして現在、転換症状や解離症状と呼ばれている『ヒステリー』の症状と原因について記載したいと思います。

この『ヒステリー』は日本では、精神疾患としてのヒステリーだけではなく、興奮状態にある女性や起こりやすい女性を指して使うことが多いという特徴があります。


『ヒステリー』の症状としては、解離性障害が最も特徴的であり、自己防衛のため「物忘れ」「自己同一性の喪失」「多重人格」「離人症障害」・「光や音、触覚等の反応が薄くなる」といった症状が知られています。

そして、一種のトランスや憑依といったものもヒステリーの症状の一つと考えられています。


『ヒステリー』の原因としては、脳の栄養障害といったものに心因的な要因があわさることで発症すると考えられていて、似たようなものとして神経衰弱がありますが、こちらよりも症状が強いということが大きな特徴として語られています。


上述の通り現在、医学的な意味で『ヒステリー』と呼称されることはなく、症状ごとの分類がなされることが一般的であり、これまでヒステリーとよばれていた症状は、「解離性障害」や「身体表現性障害」とよばれています。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ