五十肩の運動療法(アイロン体操)

痛みがあるほうの手でアイロンを持ちます。アイロンと言う事ではないく、アイロンぐらいの重たさのあるものを道具に使って五十肩の運動療法を行います。
自分の手だけで行うとどうしても稼動範囲が狭くなってしまいあまり効果が期待できないからです。
自宅にあるもので使えるものを使うようにして下さい。

 

使い方は簡単です。
振り子と思って使って下さい。
少しづつ動かしてだんだん多きく動かしていけるようにしましょう。
痛いからといって動かさないと関節が動きにくくなってしまいます。
自宅では運動療法医院ではマッサージ両方やることで早い回復が期待できます。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、五十肩治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、整形外科の元リハビリ先生なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png