シンスプリント

シンスプリントの痛みとは、ふくらはぎの内側の下にある筋肉の炎症が原因で起きる痛みです。
ちょうど骨と筋肉が付いている分部の痛みになります。

痛みはふくらはぎの骨に沿って起こり、最初は運動の初めと終わってから起きるのが特徴です。
ひどくなると痛みはうずいて続くようになり、走ることが出来なることもあります。
これは硬い地面を張りることで筋肉が悲鳴を上げている状態なのです。
自分達でも足のマッサージなどもしますが、知識が無いために効果的なものとはなっていません。
痛みがひどくなる前に、専門のスタッフなどに治療してもらったり、筋肉の正しい使い方や、マッサージのやり方などを習ったりしてみてはどうでしょうか。




いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、シンスプリントの治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png