テニス肘・野球肘

テニス肘とは、ボールを繰り返し打つことで起きるものです。この繰り返しによってひじの内側や外側後方の障害がおきます。


テニスをされる方に多く出る痛みは、外側型といってバックハンドでいためる事が多いようです。


特にテニス初心者や中高年、女性の方に多に多いようです。


いためる原因のひとつとして、加齢による衰えや更年期などによって筋肉や筋の伸びが悪くなっていることもあります。


テニス肘はテニスに関係なく、日常生活などで手首を良く使う仕事の方にも多く見られます。



テニス肘の症状としては、ねじる回すなどの時に痛みます。


・ドアノブが回せない。
・タオルが絞れない。
・物が持ち上げれない。


特にねじりの動作が一番痛みが出やすいようです。

腕を動かさない常態ですと痛みは出ませんが、ひどくなると寝ていても痛みを感じるようになり、腕の重たさや倦怠感を感じるようにもなって来ます。


治療の方法としては痛む場所を使わないことから始めます。炎症を起こしている場合は、貼り薬や塗り薬などを使って炎症を抑えます。テニスもしばらく休んだほうがいいでしょう。


疲れ切っている筋肉をマッサージなどにより回復させてやる事も大切になります。常に筋肉の疲労を防いでやることで、こういったトラブルを防ぐことになります。


ひどくなると装具をつけた治療や、手術など外科治療も必要な場合もあるようです。症状によって治療方法も違ってきます。


でもひどくなりすぎる前に筋肉をきちんとケアしてあげましょう。ここだけの話、テニス肘や野球肘の治療は医療機関で差が出ます。



当院の院長は、筋肉学を学んだ国家資格の柔道整復師。

 

オリジナルの整体治療でご好評を頂いています。ぜひお試しください。

 

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png