筋肉痛 | 北九州 整体で人気NO1の北九州若松整骨院

「筋肉痛で痛くて痛くて」よく聴く言葉です。
いったい体の中ではどんなことが起きているのでしょうか。
激しい運動や、普段使っていない動きをした後に痛みが出るのが筋肉痛です。
筋肉が動くとそこには乳酸などの疲労物質がたまり、痛みとなって出てきます。
運動をすればするほど乳酸が多く溜まってきますから、強い痛みになって来るわけです。
筋肉は動くたびに収縮を繰り返しながら動きます。激しい運動などをやると筋肉が小さく断裂を起こしてきます、それが痛みとなって出てくるようです。
この断裂を繰り返すことで強い筋肉を作ることが出来るのです。
太い筋肉を作るために一度出来た筋肉を壊し新しい筋肉を作る、スポーツ選手の話でよく聞くことがあります。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、筋肉の痛みの治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、整形外科の元リハビリ先生なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png