腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは、神経が通る穴が小さくなり圧迫することで、足や腰などの痺れや痛み麻痺などの症状が出ることです。

大きな特徴は、間欠性破行(かんけつせいはこう)が特徴で、立ち姿勢が一番痛みが強くなることです。
まっすぐ立つことで脊柱管が一番細くなってより神経を圧迫するからです。

腰部脊柱管狭窄症を防ぐには、手術などで神経の圧迫を防ぎますが、これはかなり症状が重い場合です。
腰部脊柱管狭窄症とはいってもすべてが手術による治療だけではなく、まず保存寮法が最初に行われます。
マッサージなどによって筋肉の緊張を取ってやったり、運動療法の指導をすることで、脊椎の負担を防ぎ再発を防ぎます。
腰周りのこわばった筋肉の緊張を和らげてやることで、血流やリンパの流れが良くなり痛みを和らげることになります。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、腰部脊柱管狭窄症の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png