腱鞘炎の原因

腱鞘炎とは、手や指の関節の使いすぎによって炎症を起こすことを言います。
手や指には多くの細かい筋肉があり、この筋肉の動きをスムーズにするために腱とつながっている腱鞘炎があります。
手や手首などの関節の炎症は、ほとんどが腱鞘炎です。

繰り返し同じ部分を使うことで痛みや炎症を起こしますから、どんな職業の方にでも起こるかの性はあります。
炎症が起こってからはその部分を使わないことが一番なのですが、早い回復のためには痛んだ筋肉の疲れをとってやったり、またその周辺の筋肉の疲れをとることも必要になります。

手や指の場合、細かい作業が求められますから、こういったマッサージがリンパの流れや血流の循環をよく、腱鞘炎の症状の改善が期待できます。
こういった症状で困っておられる方、ぜひご相談ください。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、腱鞘炎の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png