変形性腰椎症

変形性腰椎症とは、長い時間をかけて腰椎が変形しその変形によって神経を圧迫し、痛みや痺れなどが出ることです。
変形性腰椎症は、加齢によって痛みなどを訴えて来る方が多く、気がつけば腰椎などの変形が起きている事があります。
椎間板から来る痛みは、椎間板だけの痛みや、椎間板が飛び出して神経を圧迫して起きる痛みは、椎間板ヘルニアと呼ばれており以前は外科的な処置が取られていました。
最近はいろいろな治療方法が行われており、外科的な治療は最終段階となっています。

足の痺れや痛みなどが起きる場合は、腰部脊柱管狭窄症です。
生活に支障が出てくるときには、神経を圧迫している腰椎を削ったりして、神経の通り道を広げてやることで痛みや痺れをなくしていきます。
変形性腰椎症とは言っても、いろいろな場所が考えられます。
椎間板に接している骨が固くなり(骨硬化症)になっていたり、骨の角からでっぱりが出たり(骨棘が細長く出てきます)いろいろな関節が痛んできます。
これはみな老化現象です。
老化現象といっても、痛みや痺れを感じない方もあり、かなりの個人差があります。
痛みや痺れで普段の生活が出来ないようであれば、治療をします。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、変形性腰椎症の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png