長時間の立ち仕事での膝の痛み

Qmini.jpg 【質問】

 「長時間の立ち仕事で膝が痛みます。体重は、普通だと思うのですが、なぜ?」

Amini.jpg 【回答】

一般的には、おっしゃるとおり体重の多い方のほうが膝にかかる負担が大きいので、膝を痛めるケースが多いです。

でも、質問されている方のように「長時間立ちっぱなしのお仕事をされてる」など負担が、

一つの筋肉にかかりやすい状態で何かをされている場合は、体重が、仮に重くなくても膝を痛めます。


たとえば、「草取り」などをイメージしてください。

集中するとついつい時間を忘れて作業に没頭してしまいますよね!

この間、膝はず〜っと曲げられたままです。


ということは、膝を曲げ伸ばしする筋肉のうち

「曲げる働きの筋肉は、縮みっぱなし」

「伸ばす働きの筋肉は、伸びっぱなし」という状態が続くことになります。


人間の体は、伸ばす筋肉と縮む筋肉この2つの筋肉が、お互いに連動して動くようになっています。

ですから、どんな動作でも「○○しっぱなし」という事が、筋肉や関節には、良くない事なんですね。

・ついついパソコン見続けている

・デスクワークで座りっぱなし

・食事の準備、洗濯で立ちっぱなし


「はっ」とされた方

時々 意識的に長く続いた動作の反対の動きをしてみてください。


例えば、座りっぱなしだな〜と思ったら立ちあがって膝を伸ばす、腰を伸ばす!

この意識を持って日々を送るだけでもあなたのお体にとって、とても良い効果が期待できますよ!

 

 

 

いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、膝痛治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、整形外科の元リハビリ先生なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png