膝に水が溜まった

Qmini.jpg 【質問】

 「膝に水がたまりました。膝が痛くて曲げ伸ばしが出来ず困っています!どうすればよいですか?」

Amini.jpg 【回答】

膝に痛みがある方には、よく見られる症状で、おつらいと思います。

そもそも何故 膝に水がたまるのでしょう?

 

例えば、長年 一生懸命あなたの体重を支え続け働いてくれた膝に変形などの変化が起こるとします。

すると、その結果 もともと体にはなかった必要のない成分が、あなたの膝に出来てしまうのですね。

体には、不必要な物質を取り除こうとする働きが自動的に起こる仕組みがあります。

血液の中の血漿(けっしょう)と呼ばれる成分が、不必要な物質を取り除くのです。

 

さらに動きにくくなった膝の関節の滑りを良くするために「滑液」という潤滑油のような働きをする成分が、いつもより多く出てきます。

 

この成分が、一般的に「水」と」言われている正体です。

つまり、この「水」は、あなたの膝の悪いところを元に戻すために必要な正義の味方だったわけです!

「注射で膝の水を抜いたけど、しばらくするとまた溜まって困ってしまう!」

「膝の水を抜くときの注射が、苦痛で困る!」

という患者さんの声を良く聞きます。

 

膝の水は、悪い成分を取り除くため、動きを良くするために戦ってくれているわけですから、その悪い状態がなくならないと、抜いてもまた溜まってしまうのです。

 

では、どうしたらよいか?

膝の痛みは、関節のズレや筋肉の衰えが、原因となって起こる場合が多くあります。

 

このような原因を取り除くと、悪い成分が膝に出来なくなります。

そうすると働く必要のない「水」は、必要以上に溜まらなくなるのです。 

そして、いま溜まっている「水」も役目が終われば、血管の中に戻っていくのです。

 

北九州若松整骨院では、このような関節のズレや筋肉の衰えを回復して、膝の痛みを

根本から取り除く治療を行っています。

※ 膝に溜まった水の量が多すぎて、膝が全く曲げられない場合。

スポーツ選手などどうしても一時的に抜く必要がある場合。

 

これらのケースでは、注射で水を取り除いた方が良い場合もあります。

症状は、様々ですので、困った時は、専門家の意見を聞いてくださいね。

 

 

 

いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、膝痛治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、整形外科の元リハビリ先生なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png