膝の軟骨がすり減って痛い

Qmini.jpg 【質問】

 

「あなたの膝の痛みは、軟骨がすり減っているからと言われました。どうすれば、良いでしょうか?」

Amini.jpg 【回答】 

膝は、いつもいつも自分の体を支えてくれているので、ここが痛いと本当に大変ですよね。

動くたびに痛みが起こるのですから。

若い時は、膝の上の骨(太ももの所)と膝の下の骨(すねの部分)の連結が、とても良い状態なので、関節がスムーズに動きます。

 

でも、長年のお仕事などで体を使った結果この連結部分の角度が、変わってきてしまうのです。

すると、ある部分により多くの体重が、加わるようになって、その部分の軟骨がすり減ってしまいます。

これを読んでいる方で膝の悪い方、膝の内側に痛みがありませんか?

私どもの経験では、女性の約9割近くが、膝の内側に痛みを訴えられています。

体の構造で膝の内側に変化が起こりやすいのですね。

 

では、どうしたらよいか?

残念ですが、すり減った軟骨や変形した骨を治療で元に戻すことはできません。

 

しかし、膝の痛みを取り除く事は、出来ます。

先程もお話したように、膝の痛みは、関節の接続する部分が、正常な位置にないから起こります。

この関節面を正しい位置により近づける治療を行っていけば、だんだん痛みは和らいでいくのです。

骨を削ったり、関節を人口のものに取り換える必要のある人は、整形外科での手術を行わないといけないケースもあります。

 

でも、まだ手術まで必要のない方は、早めに治療をおこなっていった方が、よいでしょう。

自分で歩ける体。

いつまでも維持したいですもんね!

 

 

 

いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、膝痛治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、整形外科の元リハビリ先生なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。


⇒治療の詳細はコチラをクリック.png




電話受付イラスト2.png電話受付1.png