むち打ち

当院では、交通事故等で「むち打ち(頚椎捻挫)」でお悩みの方の治療も行っています。
「むち打ち」とは追突等の衝撃等により、腰椎・胸椎・頚部・頭部にかけて神経・筋肉・靭帯などが損傷を受ける外傷です。


首・頚椎周辺部には筋肉・神経・血管などが通り、特に頚椎は全身の運動機能を掌る神経・血管を保護する重要な部分なのです。
その繊細な部分の筋肉・神経等が事故などで強い衝撃を受け損傷を受けたために、首周辺の筋肉が引き伸ばされて強いダメージを受け、首・肩の筋肉が硬くなったりして動かす事によって痛みを伴い制約を受けてしまうのです。

事故直後には痛み等が発生しなくても、翌日又は数日後又は数週間後には痛み等が発生してくる可能性があります。
事故直後は治療は適しませんが、なるべく早めに専門の所で受診されることをお薦めします。

痛みで運動の制約や柔軟性が低下した筋肉の緊張をリラックスさせると共に、自律神経障害の予防効果もあります。


北九州若松整骨院・すこやか鍼灸院では、個人の病態により差はありますが、受傷後すぐの痛みがある程度落ち着いてきたら、まだ残っている痛みを和らげたり取り除いたり、痛みで運動が制限され柔軟性が低下した周囲筋の緊張を取り除く目的で、関節のずれを整える治療を積極的に行います。

頚・肩を中心とした頸部周囲の筋緊張を緩ませることは、疼痛を軽減させるとともに自律神経障害を予防する大きな効果もあります。
問題は、血液の流れを良好にする事により、痛みや動きの障害等を取り除く事にあります。
「むち打ち」等で悩み・苦しんでおられる方はぜひ、北九州若松整骨院・すこやか鍼灸院のスタッフにご相談下さい。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、交通事故の治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、整形外科の元リハビリ先生なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png