腰椎分離症

整形外科ではレントゲン写真で、やはり専門医の判断が必要です。分離症と診断されずに、腰痛で悩んでいる人は多いと思います。
腰椎分離症とは、腰椎の椎体の前側部分と椎弓や棘突起の後ろ側部分の動きによるストレスにより分離する、骨折の一種なのです。
放置していても、自然と治癒する場合もあるようですが、腰部分ですから常にストレスがかかるので骨折部がくっつく事はむずかしいので、早めの治療をお薦めします。

症状としては、腰全体はヘルニアの様な激痛ではなく、重苦しい痛みに包まれ、同じ姿勢の保持がむずかしく、シビレなどの症状が伴うのです。
スポーツ選手や運動する人などに多く発症しています。
原因はハッキリしていませが、腰の重苦しい鈍痛や、長時間の歩行、同じ姿勢でずっといること、更に「腰を後ろに反らす」と痛みが走るのが大きな特徴です。
「野球」「サッカー」「陸上」「新体操」「柔道」「水泳」などの競技で発症しやすいようです。
プロ野球の一流選手でも「腰椎分離症」を克服してカムバックする選手もいますので、あきらめず、地道なリハビリを行っていきましょう。

治療方法は、痛み発生時には安静・コルセットで固定し、痛みの強い場合には局所部への注射・痛み止めなどで対処します。
痛みも治まってくると、徐々にストレッチなどで腹筋・背筋等の筋肉強化を行います。
どうしても腰痛の改善できない場合には固定手術等もあるようです。
人は年を重ねていくと自然と筋肉も衰えてきますから、弱い部分の筋肉をストレッチなどで強化して行くといいです。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、腰痛治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、整形外科の元リハビリ先生なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png