足首捻挫

捻挫はほとんどが足関節に起きます。
足の関節や回りの筋肉それに靭帯などを、稼動範囲以上に動かしたり伸ばしたために痛みなどが起きてしまいます。
スポーツ中での捻挫が多いと思われていますが、普段の生活の中で起こることが数多くあります。
小さな段差を踏み外したり、滑って足の靭帯を伸ばしてしまったりと意外と多くの方が経験していることです。
骨などに異常が無い場合は、冷やすなどのことしかやってない場合がほとんどです。

このときに専門の治療やこれからのアドバイスなどを聞いていると、きっと治りも早いはずすが、皆さん油断して「これぐらいなら大丈夫」と思ってますね。
これがいつまでも長引くことになるとも知らずに、そのまま治ったつもりでいるのです。
長く歩いたときや立ち仕事が続いた日などには、痛めたところが腫れて来たり違和感を感じるようになるのです。この繰り返しです。

どんな痛め方をしても専門の治療で正しいテーピングの巻き方や、正しい治療の仕方を教わりましょう。
痛めた時はまず冷やす。包帯やテーピングのやり方は外傷によっても違いますし、自分で勝手にやると神経の圧迫や血行不良を起こしかねないので注意が必要になります。
テーピングをうまく使うことで仕事への早い復帰などが可能になりますから正しい使い方をマスターしましょう。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、足首捻挫の治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、整形外科の元リハビリ先生なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png