ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

ジャンパー膝とは,膝の骨をつなぐ靭帯がジャンプなどで炎症を起こしている状態です。
ジャンプを使う回数が多い運動選手などに起こる症状です。
10代から20代のバスケット、バレー、走り高跳びなどのスポーツ選手などが多く見られるようです。

膝の周りや、ジャンプした後などに痛みが増していくのが特徴です。ひざの曲げ伸ばしなどに痛みが出てきたり、朝起きたときの痛みが一番強いようです。

テーピングなどで一時的な治療は出来ますが、どうしても慢性化しますので早めの治療がいい結果となります。
痛みの初期でしたら、足全体の緊張をほぐす為のマッサージをしたり、安静にすることで治りが早くなります。




いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、膝痛治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png