ストレッチ

ストレッチのただしいやり方と、どうやれば効果が上がるストレッチになるのかをお教えしましょう。

○ ストレッチを始めるときの体の温度です。
夏場は問題は無いのですが、これから迎える寒い冬、いきなり体を動かすことは怪我の元になります。
準備運動をして体が温まってから始めましょう。部屋の温度を上げるとか、入浴の後体が温まった状態で始めるなどしましょう。

○ 効果が上がるやり方とは。
初めてのときは何か道具を使ってストレッチをやるようにすると楽に出来ます。
タオルやボールなどを使って体を伸ばしてみましょう。
気持ちのいいところまで伸ばしてみて下さい。無理にやる必要はありません。
自分が伸ばそうをしている筋肉を意識しながらストレッチします。

注意してほしい事は、反動をつけてやらないこと。
反動をつけずにゆっくりと出来るところまで。最初は結構きついと思います。

でも次第に体が気持ちよさを実感してきます。いろいろなポーズもだんだん出来るようになってきます。

全身が映る鏡がある場合、鏡を見ながらストレッチをしましょう。自分の姿が綺麗に写ってますか、基本は正しい姿勢になってますか。
頭から足までがきれいな軸が取れるように立つことです。これだけでもずいぶんと違ってきます。
柔軟な筋肉を作るために、こういったことを意識ながらストレッチを始めましょう。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、スポーツ障害の治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png