頚椎椎間板ヘルニア | 北九州 整体で人気NO1の北九州若松整骨院

頚椎椎間板ヘルニアとは、主に手に痛みやしびれ等の症状が出ることです。
しっかり物が掴めなくなったり、細かい仕事が出来にくくなったりします。
症状が酷くなるとしびれも強くなり、自分の手で食事さえもできなくなります。

 

頚椎椎間板ヘルニアは、肩凝り、痛みや腕にもしびれが出て、手を挙げることも困難になること有ます。
頚椎椎間板ヘルニアは、年齢が高くなると多くなる傾向があります。
加齢によって筋肉も弱り、重い首を支えることが出来なくなったためです。
筋肉の老化や、長年悪い姿勢で仕事などをしてきたり、突然始めたスポーツなどがきっかけで起こることがあります。

 

頚椎椎間板ヘルニアが軽い場合には首の固定や牽引、筋肉マッサージなどで症状を和らげることが出来ます。
ブロック注射などもありますが、1回で痛みが取れるかどうか判らないので、専門の方によく相談されることをお勧めします。
手が使えないほどの障害が出たり、生活が困難な場合は、手術などの治療もあります。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、首のこり治療は医療機関で差が出ます。

 

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、整形外科の元リハビリ先生なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 





電話受付イラスト2.png電話受付1.png