腰痛が起こる原因とは?

腰痛が表れる病気と言うのは沢山あって、一番多く表れるのが、背骨に関わる病気です。
特に「腰椎」などそれを支える付近に何らかの異変があると腰痛が表れます。

●腰痛の原因
・筋肉疲労や血行不良から痛みが発生する「筋肉性腰痛」
・老化により椎間板がつぶれたりヘルニアが発生する「椎間板性腰痛」
・骨の変形や骨折で発生する「骨性腰痛」
・骨と骨を連結する関節の結合不具合で発生する「椎間関節性腰痛」
・腰の曲がりが酷い状況になっている「姿勢性腰痛」
などの種類があります。

そして腰痛の中には、内臓の病気からくる腰痛もあります。
通常の生活で腰に大きな負担をかけている作業や、無理な姿勢を続けていると、腰痛の原因になります。
また、運動不足や老化により筋肉が衰えている人や太っている人などは、腰に負担をかけやすいので注意が必要です。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、腰痛治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、整形外科の元リハビリ先生なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png