肩関節周囲炎

五十肩や四十肩が辛くて来店されるお客様がおられます。
動く動作によって痛むときと痛まないときがあるとの事です。
よくいわれる五十肩や四十肩の病名は【肩関節周囲炎】といい、40代以降によく発生し痛みと運動障害を起こす症状です。

特に痛むのは夜寝ているときの寝返りが打てないとの事でした。寝返りをと思っても肩関節が痛くて眠ることが出来ないらしいのです

昼間の動きは手を上に上げなければ痛みがないとのことです。
この肩関節周囲炎は五十肩と呼ばれており、年齢などにより肩の関節の動きが悪くなり、関節の稼動範囲が狭まっているのです。

関節を動かそうとするたびに、痛みが出ますからだんだん動気が小さくなり、最終的には手が上がらなくなってしまいます。
痛み始めのときは炎症を起こしていますから、無理をせず治まるのを待ってから、マッサージなどを始めます。
マッサージをすることで、血流が良くなり早い快復を望めます。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、更年期障害の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、専門の整体治療を学んでいるので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png