パーキンソン病

パーキンソン病とはどんな病気か知っていますか。
若い人にはあまり見ることはありませんが、中高年になると発症が見られる神経変性疾患です。
何よりも怖いのがパーキンソン病は、進行性なのです。
パーキンソン病にかかっているの人は意外と多く、アルツハイマーの次に多いとされています。

●どんな症状があるのでしょうか
外から見てすぐに判るのが手足の震えです。手足のこわばりがだんだん強くなっていき、次ぎえの動きに進むことが出来にくくなってきます。足元が不安定ですから、転びやすくなり事故の元になっています。
1カ所の症状から始まり、進行していきます。
精神的にも落ち込みやすく、自律神経失調症、不眠や不安は当然のことながら何事に対しても意欲の低下につながって行きます。
体が動きにくいためにむくみなどが起きてしまいます。

●パーキンソン病の原因はいったい何か
現在では脳の神経細胞のドーパミンという物質の不足から起きている事が判ってきています。
ドーパミンを増やす為のいろいろな薬を使って治療することが可能になってきました。

●パーキンソン病の治療は
ドーパミンを増やす為の飲み薬が効果的のようです。何種類かの薬を同時に取ることで効果を上げようとしています。
薬に関してはパーキンソン病の症状などにより個人差がありますからよく相談することをお勧めします。
パーキンソン病は体のこわばりなどの症状が強くなりますから、運動療法を同時に進めなくてはいけません。
体のマッサージ、リハビリテーション、トレーニングなど専門家の指導下に行って下さい。
これによって症状や痛みの緩和につながっています。
体が動きにくい方などには、訪問のリハビリマッサージなどもありますから利用してみてはいかがでしょうか。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、パーキンソン病のリハビリは医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の構造をしっかりと学んでいるので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png