肩鎖関節脱臼

肩鎖関節とは、背中の肩甲骨と肩にある鎖骨で出来ている関節です。
この2つの骨が靭帯(肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯)や筋肉でつながっています。
肩鎖関節脱臼は、スポーツ選手が肩から落ちたり、肩で激しくぶつかったりした時に多く発生します。

よく聞くのはバイク事故の場合です。バイクで転倒したときなどには勢いがついていますから、靱帯断裂し肩鎖関節脱臼になることが多いのです。

頚椎の怪我で腕を動かせないような時には、筋肉が落ちて肩鎖関節脱臼を起こすこともあります。
肩鎖関節脱臼はすぐに判ります。じっとしていても痛みますし、腕が痛くて動かせないと思います。
時間と共に腫れが酷くなりますから、きちっとした専門の治療が必要です。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、肩鎖関節脱臼の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉・関節の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png