肩腱板断裂

肩腱板断裂とは、どういった症状が出るのでしょうか。
肩の深部の回旋筋腱板という腱性組織の損傷になります。

肩には関節を取り囲むようにして、数多くの筋肉や靭帯それに腱などの沢山の組織で覆われています。
腱板の構成は棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つあります。
複雑に交差する筋肉の中のひとつで、特に肩の奥深くにある回旋筋腱板という組織になんらかの異常が生じて起きているものです。
どういったときにこの肩腱板断裂がおきるかと言うと、加齢によって筋肉や靭帯それに腱などの衰えが大きな原因となっています。
「転んで肩をぶつけたわけではなく、著と手を突いた程度」、些細なことでも肩腱板断裂は起きます。
痛む場所が五十肩と同じような場所なので、これが五十肩なのかと済ませている方もいます。

以前はインピンジメント症候群と言われ、繰り返し行われる挙上動作により骨頭と肩峰の間にある腱板が擦り切れ、浮腫、炎症、部分断裂、完全断裂という順序で症状が進行すると考えられていました。

五十肩の違いとして、肩腱板断裂は手を上げる途中や手を下げるときにも痛みがきます。
重い物などを手を伸ばしてとろうとしたとき痛くて取れない、腕を真横に伸ばしたままでいられないなどの事があります。
五十肩が治りにくいと思っている方などは、肩腱板断裂を疑ってみたほうがいいでしょう。
肩腱板断裂は自分での診断が難しく、そのままにしてますと肩や腕が疲れやすいと感じたり、痛みが酷くなってくる事もあります。
スポーツ選手など投球の動作をするような時は、上腕二頭筋長頭腱断裂を伴う可能性もあります。
症状の回復が遅かったときなどは、専門のスタッフに相談したほうが安心です。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、肩腱板断裂の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png