後縦靭帯骨化症

後縦靭帯とは、頚椎(首の骨)を支える役割をしている靭帯のことです。
この靭帯は、背骨に沿って縦に伸びてつながっています。
この縦に長く伸びている靭帯が、硬く大きくなって神経や脊髄を圧迫しいろいろな障害を起こしてくることを、後縦靭帯骨化症といいます。
原因ははっきりした事はまだ判っていません。

後縦靭帯骨化症になると一体どんな症状が出てくるのでしょうか。
靭帯が硬くなるのでどうしても動きが悪くなりますし、動きが制限されるとコリや痛みの原因となって現れるようになります。
進行性ではありませんから、生活に支障が無い場合はそのままで様子を見ながらにします。
後縦靭帯骨化症が、頚椎や脊髄に影響を与えるようになれば、何らかの治療が必要になります。
足などに麻痺が出てきた場合、転倒などを起こしやすくなりますし、手の麻痺が出た場合、生活が大変になりますから少しでも楽になるようにしなくてはいけません。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、後縦靭帯骨化症の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png