坐骨神経痛 治療

坐骨神経痛とは、仙骨骨折などを起こしそのままの状態で置いておくと、坐骨神経が圧迫され痺れや痛みが続きそのまま坐骨神経痛となって行きます。

また、酷い状態が続きますと、臀部や足の指などに強い痛みや痺れなどが起きてきます。
成長期や、スポーツなどのときに起きていることもあり、最初は腰痛だと間違えることもあります。
坐骨神経痛は、最初から判りにくいので、子供さんの場合などは腰痛と決め付けずに、しっかり診てもらう事が大切になります。

坐骨神経の走行というのは、下部腰椎(腰の骨)・仙骨から臀部の筋肉の間から足に向かっていますので、腰痛が長引いたりしたときは、坐骨神経痛を起こしている可能性があります。
痛みが足先に響いたり、痺れなどの場合には専門のスタッフに相談して、治療をします。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、坐骨神経痛の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png