坐骨神経痛の原因

来店される患者様の多くが、坐骨神経痛の悩みを持っておられます。

坐骨神経痛は、なぜこんなに痛みが伴うのかと言うと、末梢神経の中でももっとも長く大きな神経なのです。
特にこの坐骨神経は、腰痛の原因となる第4〜5要神経と、第1〜3の仙骨神経とかさなり、大腿の後方を通り膝の裏のほうでほかの神経に分かれて行きます。
神経が出てるところで何かによる圧迫等を受けますと、痛みや痺れなどが出てくるようになります。

若い方に多く出るのは、腰椎椎間板ヘルニア等を起こしたときに見られます。
坐骨神経痛は、片側に現れるのが一般的ですが、椎間板ヘルニアの状態によっては両方に出ることもあります。

高齢者の坐骨神経痛は、老化による物が多くあり、神経の通る穴が部分的に狭くなってこすれれるため痛みや痺れが出る症状の脊柱管狭窄症や、老化によって骨が弱くなり変形を起こしてしまい、そこで神経がこすれたりして痛みや痺れが出る変形性腰痛症などがあります。
帯状疱疹によって、坐骨神経痛が起きる事もあります。

他にも、脊髄や骨盤の腫瘍などの病気によるものもあります。
病気による痛みはかなり強い痛みが出るようです。
坐骨神経痛のある方は痛みのために体の筋肉が硬くなっており、筋肉やリンパのマッサージで血行を良くし、痛みや痺れの改善し症状を軽減していきます。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、坐骨神経痛の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png