猫背の原因

「姿勢が悪いね」「片方の肩が上がっている」「猫背だね」
姿勢に関してよく聴く言葉です。

姿勢が悪いとどうなるのでしょうか?
筋肉のずれが起きてきます、その結果血流の流れが悪くなり、肩こりや、腰痛、頭痛、などが起きてきます。
貼り薬などで一時的には良くなりますが、姿勢が悪いままですとまた同じ事を繰り返してしまいます。
何度も繰り返し傷めていると、治り難くなり痛みなども増してくるでしょう。

首は重い頭を支えているために、起きている時は筋肉の緊張が続きます。
その結果首こりや肩こりとなって現れるのです。
腰痛も同じように腰で上体を支えていますから、体の動きや姿勢の悪さが痛みとなって出てきます。
姿勢の悪さは自分では判り難く、鏡などを見ながら、体の軸が真っ直ぐに成っているかを見ながら直して行くのがいいでしょう。
きれいな立ち姿が、正しい姿勢になります。

痛みなどがある方は専門のマッサージなどを受けて筋肉の緊張をとり、関節や骨格などのバランスをアドバイスしてもらいましょう。
同じ姿勢での仕事の方は常に体全体を動かすようにすると、酷くなるのを防げます。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、猫背の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png