偏頭痛の原因

偏頭痛がなぜ起きるかのは、まだはっきりとは判っていません。

血管の収縮によるものか、セロトニンが原因とするものかが分かれており、両方が偏頭痛の原因とされています。
血管の収縮によっておきる偏頭痛は、血管の周りを刺激して神経の拡張や炎症を起こしながら、痛みを起こしていきます。
セロトニンによって起きる偏頭痛は、セロトニンの急激な減少によって、一時的に血管の収縮が起き、偏頭痛の痛みとなって出ます。

偏頭痛が出た場合、明るい光や、大きな音などの刺激はなるべく避けるようにして、静かに休むことです。
偏頭痛が酷いときなどには、冷たいもので冷やしてみたりすると痛みは和らぐでしょう。
偏頭痛は逆に暖めることは良くありません。
暖めることで血流が良くなり、痛みが酷くなります。
自分の頭痛が、偏頭痛なのか、緊張型頭痛なのかを良く知ることが大切です。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、偏頭痛の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png