変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、加齢による膝半月版が傷んできたり、摩擦によってはがれたり、正常な関節と関節の隙間が無くなって痛みなどの原因となっているものです。
また、激しいスポーツなどのし過ぎによっても変形性膝関節症を起こすことがあります。

変形性膝関節症が多く出る年代としては、中高年が最も多くなります。
その中でも、女性が多くを占めており原因としては、閉経後のホルモンバランスの崩れや、男性に比べて筋肉量の少なさから変形性膝関節症になりやすいと言われています。
変形性膝関節症になりますと、痛みのため動く範囲が狭められます。
このまま痛いから動かないでいると、だんだん歩けなくなることになってしまいます。

これを防ぐためにも関節にサポーターを巻いたり、体重が関節にかからないようにして足を動かすことを始めましょう。
関節は動かすことで、治る為に必要な栄養を吸収していきますから、少しずつからでも始めてみましょう。
自分では出来ない場合や、早い回復と思うときには、専門のスタッフにお願いしてマッサージなどをしてもらうのもいいでしょう。



いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、変形性膝関節症の治療は医療機関で差が出ます。


医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。

 

⇒治療の詳細はコチラをクリック.png





電話受付イラスト2.png電話受付1.png