椎間板ヘルニア

症状:腰痛、太ももから足にかけてしびれや痛み。

椎間板とは腰骨の間にあるクッションのようなものです。
その椎間板が何らかの拍子で潰れてしまい腰の神経を圧迫してしまうことにより腰痛や坐骨神経痛が発生するのです。
このように何かが飛び出る状態のことをヘルニアといい、よく聞かれる名前は子供の疎鼠蹊ヘルニアが有名です。

椎間板ヘルニアは急激に腰を曲げたり伸ばしたりする動作で強烈な腰痛をおこします。
別名を「魔女の一撃」や「ぎっくり腰」などの呼び名もあります。
治療法は痛み止めの薬を飲み骨盤牽引をしたり、コルセットなどを装着したり、ひどい場合には手術をすることもあります。

 

いずれにしましても、医療機関で一度症状を診てもらうべきです。
ここだけの話、腰痛治療は医療機関で差が出ます。

医療機関を間違えると、逆に悪化する事もありますので、慎重に選びましょう。
その点、当院の院長は、筋肉の専門家なので安心です。
当院は、オリンピック選手も取り入れる最先端の治療を行っています。





電話受付イラスト2.png電話受付1.png