尺骨神経損傷(肘部管症候群)・遅発性尺骨神経麻痺

症状:指のしびれ、手に力が入らない。

多くの人が肘の内側を机の角にぶつけて指先に電気のような刺激を感じたことがあると思います。

この部分には神経が通る溝があってここを尺骨神経が通っているのです。
ここで神経が締め付けられて起こるのが肘部管症候群です。

 

この肘部管症候群も手根管症候群と同じく狭窄性神経炎のひとつです。
徐々に神経麻痺が進行していくものを遅発性尺骨神経麻痺と呼びます。

 

神経麻痺の治療はお医者さんとしっかり相談したうえで治療を進めていくことをお勧めいたします。
自分で判断することが悪いとは言いませんが、これから将来にかけて大切な体を使っていくのならば一度くらいはお医者さんに診察していただきましょう。





電話受付イラスト2.png電話受付1.png