事務仕事でヘルニアに悩んでいる女性へ

長時間の同一の姿勢を強いられる事務仕事では、ヘルニアになることがよくあります。
それは、腰に負担がかかるからです。

事務仕事では、座りっぱなしの姿勢が長くなります。
そのことで腰に負担がかかって使う筋肉が限定的になり、腰まわりの筋肉が弱ってしまうのです。
足腰もこの座りっぱなしによる運動不足から、筋肉が衰え、骨盤も固定されてしまうのです。
腰痛からくるヘルニアの自覚症状は、長時間座ったりすることが辛く感じたり、30分以上歩くと腰痛を感じて痺れが生じたり、前かがみの姿勢が辛くなるなど、まさに事務仕事で起こりやすい条件が揃っています。
ヘルニアの症状が悪化すると排尿障害を起こす場合もあるので、注意が必要です。
普段から、歪んだ姿勢は要注意で、特に長時間定位置で座る事務仕事では、最新の注意が必要になります。
腰痛ヘルニアの場合、座り方で予防できるといわれていて、有効なのは、おしりと背もたれが密着するように深く腰掛ける方法です。
軽くアゴを引き、背筋をピンと伸ばし、お腹を引っ込めると、ヘルニアの原因となる腰痛を緩和することができるので、実際の仕事場で実践してみましょう。
ヘルニアは、普段の動作を少しずつ改善していくことが大切なんです。

 






電話受付イラスト2.png電話受付1.png