冷房による関節痛で悩んでいる女性へ

冷房と関節痛の関係はよく取り上げられますが、最近では、仕事場などでも空調が利きすぎている傾向があるので、十分な注意が必要です。

猛暑が続く夏場は、どうしても自宅などでも、エアコンをフル稼働させてしまいがちなんですが、関節痛のある人は、注意しなければなりません。
また、関節痛は気温や湿度の変化によっても生じるので、天候が崩れるときや寒い日、雨の日などには、痛みが強くなると言われています。
真夏は比較的痛みが軽い傾向にあるようですが、冷房の冷たい風が直接身体に触れたり、室温が低くなったりすると関節痛が起こります。

予防としては、まず、エアコンの設定温度をやや高めにすることです。
そして、関節痛のある人は、冷房に注意して、長袖や長ズボンで予防することが大切です。
長袖、長ズボン、靴下などでしっかりと防護して、身体に直接冷風があたらないように注意することです。
ドライ機能を活用するのも有効です。

そして、もし身体が冷えてしまった時は、ぬるめの風呂にゆっくりとつかると、関節痛を緩和することができます。
とにかく関節部分を温めることが肝心で、膝などに痛みがある場合は、サポーターでしっかりと温めることです。



⇒




電話受付イラスト2.png電話受付1.png