事務仕事による眼精疲労

事務仕事による眼精疲労は、パソコン全盛時代の今、多くの人が抱える悩みでもあります。

事務仕事による眼精疲労は、パソコン全盛時代の今、多くの人が抱える悩みでもあります。

この場合、身体をストレッチすると少し症状が和らぐようです。

眼精疲労は、目の体操をするのが何より効果的で、その体操もとても簡単なものです。

まず、目を大きく見開き、目をぐるりと回していき、数回回したら、両目を閉じて目を休ませます。

この際、そのポイントとして、バランスを整えるため、両方向に等しく回すことを心がけることが大切です。

この体操を行えば、眼精疲労の症状を緩和する効果が期待できます。

また目元をマッサージすることも有効で、目の周りには目に効くツボがたくさんあるので、目の骨の部分に沿って適度な力で押すといいのです。

そうすることで、気持ち良いと感じるポイントが自分で発見できます。

そして、温める方法も眼精疲労には効果があり、目の周囲を温めることで、血行が良くなり疲労物質を除去できます。

タオルをお湯に浸してそれを目の上にのせるだけでも効果ガ得られます。

事務仕事で忙しい人は、シャワーを浴びる時に、お湯を目元に数秒間当てるという方法でも良いようです。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png

このページのトップへ