事務仕事による坐骨神経痛

事務仕事で1日のうち座っている時間が多いと、坐骨神経痛になることがよくあります。

事務仕事で1日のうち座っている時間が多いと、坐骨神経痛になることがよくあります。

その治療法としては、デスクワークで、できるだけ座ったままの姿勢でいないことが肝心になります。

そのためには、1〜2時間に一回程度は適度な軽い運動をすることが大切です。

いったん席を立ち、体の曲げ伸ばしを行ったり、軽いストレッチをするだけでも、かなり効果があります。

もちろん、痛みが酷い時は痛みがさらに酷くなるので、する必要はありませんが、軽い痛みがある時は効果的です。

 

自宅で1人でできる改善法としては、ゴルフボールを床に置いて、この上に横向きになり、お尻のくぼみ部分を押します。

そうすることで、短時間ですが、かなり痛みがラクになります。

痛い時は、仰向けに寝ると痛みが酷くなるので、うつ伏せに寝るようにすることです。

痛みが出た時に、うつ伏せになり、背伸びをすると効果的です。

 

会社では、クーラーで冷えると、痛みがさらに酷くなるので、しっかりとクーラー対策をすることです。

夏場でも靴下を履くなどして、冷え性を防止して、坐骨神経痛が酷くならないようにしましょう。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ