事務仕事による足の付け根の痛み

事務仕事による足の付け根の痛みは、様々で、足の親指がしびれてきたり、かかとから小指にそって痛みを感じたりする、などの症状が現れたりします。

事務仕事による足の付け根の痛みは、様々で、足の親指がしびれてきたり、かかとから小指にそって痛みを感じたりする、などの症状が現れたりします。

事務仕事は座りっぱなしの状態であることから、血流が悪くなっている可能性があります。

足の付け根の痛みは、偏った姿勢や動作、そして、内臓や脳疲労など、色んな原因により、骨盤や腰椎、それに付随する筋肉のアンバランス、過緊張により、神経にストレスがかかり、血流が悪くなることで、生じるようです。

事務仕事での足の付け根の痛みは、その歪みが原因であるとされていて、長時間の仕事での疲労から来る腰の歪みによるもので、足の付け根に行く神経が圧迫されて、それが痛みとなって出ているようです。

その解消法としては、自宅では、ペタンコ座りや斜めすわりを避けるようにして、床ではなく、椅子の生活に改善するとよいようです。

また、夜、寝る時には 足の付け根の痛む側を上にして寝ると効果があります。

そして、会社では長時間座り続けないよう、仕事中に意識して1〜2時間に一度はデスクを離れて、5分前後歩くなどの運動をして腰の筋肉を休ませることが大切です。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ