事務仕事による足先の痺れ

事務仕事でイスに座っていることが多いと、足先の痺れを訴える人がいます。

腰から足にかけては、人の体の中で多くの神経が通っている場所です。

事務仕事でイスに座っていることが多いと、足先の痺れを訴える人がいます。

腰から足にかけては、人の体の中で多くの神経が通っている場所です。

そして、何らかの原因で、その神経に異常をきたすと足の痺れを感じるわけです。

事務仕事で長時間、長く同じ姿勢で座っていると、腰の疲労が原因で足の痺れが起きることがよくあります。

痺れはやはり神経に関係しているので、素人判断はとても危険です。

腰から出た神経は足に向って走っていますが、この神経が何処かで圧迫されることにより、足が痺れることが疑われます。

これは、ヘルニア、坐骨神経痛からでもなることがあり、腰の疲れからも出ることもしばしばあります。

まずは、病院で見てもらい、得に大きな病気もなく、得に有効な治療法もない場合は、整骨院、鍼灸院、マッサージ、整体等でみてもらうといいでしょう。

事務仕事では、とかく運動不足から、筋肉が硬化していることが考えられるので、軽い足先の痺れなら、適度な運動により、解消される場合もあります。

そうしたことから、日頃から軽い運動を心がけることが大切です。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ