事務仕事による背中の痛み

事務仕事では、背中の痛みがよく起こります。

それは、長時間同じ姿勢でいることが大きく影響しているようです。

事務仕事では、背中の痛みがよく起こります。

それは、長時間同じ姿勢でいることが大きく影響しているようです。

そのため、事務仕事で、パソコンを長時間使用している人は、普段からストレッチやマッサージをして疲れやコリがたまらないよう、背中の痛みに備えることが大切です。

背中というのは、なかなか自分の手が届きづらい場所なので、痛みが起こる前に、ややぬるめの温度で、長めの入浴につかることも効果があるようです。

そして、痛みが起きる前に、しっかりとほぐしてマッサージして起きましょう。

すでに、背中の痛みがある人は、病院でみてもらったり、整骨院などに行ってみてもらうなど、専門家の指示を仰ぐことも大切です。

背中の痛みの症例の多くは、長時間、同じ姿勢でのパソコンを使うなどの仕事の人に多く発症していて、慢性的な疲労で、背中などにコリがあることから、塗り薬や湿布薬などによって、個人的に対処している人が少なくありません。

リラックスして、ダンベル体操やセラバンドの活用などで改善している人もあるようなので、生活のリズムを変えることで改善するのもいいかもしれません。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ