事務仕事による膝痛

事務仕事による膝痛は、一般的に男性より女性に多いようで、やはり、座り続けている状態というのが良くないようです。

事務仕事による膝痛は、一般的に男性より女性に多いようで、やはり、座り続けている状態というのが良くないようです。

膝の痛みで悩んでいる人は約3,000万人もいると言われていて、激しいスポーツをしたわけでもないのに、事務仕事など、負担がかかっていないと思われるような日常生活でしばしば痛みを感じる人が少なくありません。

そして、毎日のように痛みを感じる膝の痛みの場合、関節の病気が原因であることがよくあります。

それは、膝の痛みを起こす病気で、一番多いのが、変形性膝関節症(変形性ひざ関節症)と言われているものです。

これは、治療を受けずに放置すると、やがて痛みや腫れが強くなって、歩行困難になる恐れがあります。

早めに施術すれば、痛みをコントロールすることができます。

その改善法としては、肥満の改善や、日常生活での膝に負担がかかる動作の回避、あるいは、入浴による温熱療法などがあります。

膝の状態により、行ってよいものと悪いものがあるので、医者に相談することです。

運動などでの膝痛(半月板損傷・ジャンパー膝)などは種類が違いますので、医者に相談することをオススメします。

また、事務仕事で、クーラーによる冷えからくる膝の痛みなどの場合は、ひざ上までしっかりケアしてくれるメディキュットを履くと、かなり楽になります。

 



電話受付イラスト2.png電話受付1.png



このページのトップへ